« 2007年2月 | トップページ | 2007年11月 »

工房展のお知らせ

お世話になっている銅版画工房のグループ展をやります。
期間は4月1日から7日まで〜新作中小を4点出します。
時間のある方は、見にきてくださいね。

期間:4/1(日)〜7(土)
時間:11時〜19時(最終日は17時迄)
場所:ガレリア・セロ
   大阪市西区北堀江1丁目3−11
   友成ビル2階

| | コメント (0)

狐道測量隊ゆく〜はじめに

KAYO銅版画センセイが「なんかネタない」と聞かれたので
KAZU駄文屋が「この言葉を作ってみたら」と言ったら
気に入ってしまって、勝手気ままに16枚の銅版画を作り
物語を付けてね・・・(^^;

 なお、感想などのコメントは、こちらにお願いします。(KAZU記)

| | コメント (1)

狐道測量隊ゆく[1]塚守様

7cd2
狐道測量作業ニ入リシ前、
隊長御自ラ『塚守様』ニ参拝シ
安全祈願ヲ祈ルノ図。
之、歴代隊長初動ノ仕事也。

| | コメント (0)

狐道測量隊ゆく[2]生化石象ノ賢者八百様

658d
化石トナリテ幾万年、今ダ魂ココニアリ。
八百万ノ事象熟知、
ヨッテ『八百様』ト呼ブ習ワシ也。
八百様、
作業中難儀問題ニ遭イシ時、
知恵借リシ御告夢ヲ隊 員ニ見セル也。

| | コメント (0)

狐道測量隊ゆく[3]方位念発スル角石

0c66
角石トハ、狐族ヒト界ヲ行キ交ウニ必要ナ方位念ヲ発スル石也。ソノ位置確認ト新設、方位念ノ強サヲ測定記載セシ作業ガ狐道測量隊ノ大キナ役目也。

| | コメント (0)

狐道測量隊ゆく[4]休気念岩

79ac
測量隊ノモウヒトツノ使命ハ
『休気念の地』ノ探索也。
ソノ地ハ岩デアリ、
木デアル、
池デモアル。
コノ図、休気念岩ニ座シ
『狐気念』回復図ル隊員也。

| | コメント (0)

狐道測量隊ゆく[5]塚守川

999c
塚守川ハ測量隊ニトッテ大事ナ所ナリ。ソノ理由ハ、コノ地ニテ基点念塚ニ封入ス狐火エナジーヲ捕獲セシ為ノ『釣占』ヲ行フ場也。

| | コメント (0)

狐道測量隊ゆく[6]釣占

5e98
釣占ハ隊長ノ勤メ也。一見、長閑ニ糸垂レテ川面ヲ見ル姿ナレド、心中穏ヤカニアラズ。コノ是非、今回派遣ノ測量隊成功ノ大キナル要也。

| | コメント (0)

狐道測量隊ゆく[7]塚茂里島

F8df
釣占ニ於イテ『狐火発生ノ予見』スレバ、
捕獲場所ノ塚茂里島ニ向カウ也。
塚茂里島ハ塚守川河口ニ位置シ、
椀伏セシ様ナ見事ナ半円形ノ島也。

| | コメント (0)

狐道測量隊ゆく[8]狐火エナジーノ捕獲

147c
狐火、ヒト界デハ
不知火ト呼バレル現象ト同似也ガ、
意志モタル念ノ炎也。
ソレ捕獲シ、
コノ地ノ基点念塚ニ封入スル也。

| | コメント (0)

狐道測量隊ゆく[9]基点念塚、入気念ノ儀

9770
沢山ノ塚職人ガ
『入気念ノ儀』ノ作業ニアタル也。
迅速ニ作業随行セネバ
捕獲シタ狐火エナジー弱ル也。
ココガ塚職人ノ腕ノ見セ所也。

| | コメント (0)

狐道測量隊ゆく[10]狐塚ヲ出発

4d89
無事『入気念ノ儀』完了後、
測量隊『狐塚』アル瓢箪崩山神参拝し、
平地班、山岳班ニ分カレ出発也。
コノ地ヨリ始マリ、
コノ地ニ戻ル旅也。

| | コメント (0)

狐道測量隊ゆく[11]油揚銀輪部隊

7ba2
狐道測量隊平地測量班、別名『油揚銀輪部隊』ト呼バレル也。角石位置確認行為ニ自転車ヲ多用セシ故、コウ呼バレルナリ。尚、平地班ハ若輩隊員ノ任トス。

| | コメント (0)

狐道測量隊ゆく[12]ソノヒト、高天家也

2586
危険多シ山岳ハ、ヒト族ト共ニ行動スル也。ソノヒト族『高天家』ト申シ、狐族トハ、二千年ノ付合也。嶺力ヲ持チ、天候地殻変化ヲ察知スル一族也。

| | コメント (0)

狐道測量隊ゆく[13]天幕ノ夜

Ca0b
月光草灯シモト、就寝迄暫シ語ラウガ明日ノ糧也。秘伝星夢酒ヲ交ワシ互イノ労、犒ウ也。ヤガテ、深イ安ラギノ内朝迎エル也。

| | コメント (0)

狐道測量隊ゆく[14]修行僧ノゴトクノ数々

4a1e
平地班、山岳班共、
修行僧ノゴトクノ過酷ナ作業ノ日々也。
特ニ氷雨降ル季節ハ最悪也。
皆、使命感ニ燃エ全行程ヲ執行スル也。

| | コメント (0)

狐道測量隊ゆく[15]狐道大図、完成也

Db15_1
心労、労苦を重ネル1年ト三ヶ月、
イヨイヨ狐道大図、完成スル也。
祝ウガゴトク桜満開ヲ迎エル也。

| | コメント (0)

狐道測量隊ゆく[16]作業完了祝の会

7b80_2
全作業完了セシ夕餉ハ、
関係諸氏集イテ祝ノ会、催ス也。
山海珍味ヲ食シ、
美酒ニ酔ウニツレ、
皆、心労辛苦ヲ良キ想出トナル也。

| | コメント (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年11月 »