« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

春の丘

春の丘
ボローニャ通信は、少しブレイクして
春のお届けです。

小さ過ぎる球根を、埋めたときは
咲くのかな〜心配だな〜と思っていましたが
こちらが そんなことすっかり忘れた?
今になって
素晴らしい春を、届けてくれました。

山小屋アトリエへの階段がアルムの丘?〜!
のように見えなくもない

肌寒い日も もうカウントダウンです。

| | コメント (0)

ボローニャバス事情

ホテルのあるボローニャの街から
フェア会場までは やはり離れているので
駅からも 各御町内からも がんがんバスが入ってきます。

バスの中の自販機で買う チケットは1.5ユーロで
しかも おつりは出ない仕組みです。紙もなんかへろへろ~っと
出てくる ペラペラの切れ端です。

ところが売店や 町のタバコ屋さん?で購入するとなんと割引の
1・2ユーロー! しかも集めて神経衰弱に使えそうなトランプ並みの
厚みです。

また イタリアーノは 太っ腹でチケットチェックはまったくありません。
乗ったらガチャン!!と厚いチケットに日付を打つだけ・・。
検査の方が たまに乗ってきはるらしい・・とのおうわさは
聞きましたが 私はお会いしませんでした。

そして自主性を重んじるお国柄?あまり親切な時刻表ではなくて
そこに書いてない番号のバスも どうぞ~と止まっていることもあれば

あまりに上のほうに 書いてある駅名が見えなくて
あちらのおばあさまに
「ちょっとシニョリータ~ この駅にいきたいんだけど
19番は 止まるのかしら?あなた見てくださいな・・。」
なんて 頼まれる始末・・・。
シニョーレ(マダム)ちゃうやん~ うれしいやん!
と よろこんで見てあげたけれど
162センチの私でも まったく背が足りませんでした

Img_5383_3

だからかな 皆さん運転手さんに ここで止まるの?とか
このバスどこ行き?とか何度も 確かめるように お聞きでした。

Img_5385

時刻表を 読むより 早いし NOW 現在の情報は
とにかく聞こうって勢いでした。

なかなか楽しいです

| | コメント (0)

ブースを 見学~!

少し寝て 暖かい食べ物を食べて ずいぶんと元気になりました。

やっぱり人間 食べて寝るのが 基本です。

自分の作品を売り込むためにイラストレーターが各社に
列をなすらしい・・。のですがその列がみつからないやん。
Img_5529_2
会場は とにかく広い。
アンド 英語フランス語イタリア語ドイツ語スペイン語が
耳にはいってくるけど
とにかく こんなにいろんな言語と 各国の人の渦のなかに
立っているだけで酔ってしまいそうです。

日本のブースもたくさんあるよ~ってお話しでしたが
やはり 震災の影響も大きく
担当者さんも こちらまでこられていないのが現状でした。

でも そんななかで まじめにお仕事されている営業の方々は
優しくて 親切な方々ばかり・・・。
日本に帰ってから 伺うようにと薦めてくださいました。

版権のやりとりが 盛んに行われていて
すでに出版社さんや 代理店さんが一緒の方は
ビジネス~って迫力です。

どうもわたしはおのぼりさん的に 
おお~っつコレもしってる
おお~これがアニメに~とつい楽しんでしまいましたが・・。

だってピングーが~スヌーピーが~いっぱいです。Img_5530_7

| | コメント (0)

ボローニャ見本市会場で

やっと やっと つきましたあ~

もう 午後になっているので 会場は なかなかの熱気です。
自分のポスター貼りが 大変とは聞いていましたが
え~あるあるまだ 空いた場所・・・。

前より ずいぶん大きな 壁を つくってらっしゃるようでした。

子豚の 葉書は親しみやすい?
ポケットに入れると すぐどこかにお婿にいっちゃってました。Img_5370_10
かわいがってもらうといいね・・・。

自分の 絵と対面してはじめて 実感が~

子豚君たち ほんとうに ぽわ~としてるけど
よかったね~

入選者の方々の絵も ゆっくりみせていただいてImg_5366

明日からあらためて ブース周りをしようかな・・。

でもよかったあ~ほんとたどりつけて・・・。Img_5360

| | コメント (0)

Waiting ticketっていったい?

Img_5354 夜明かしした後
早めに ゲートへ向かいます。Img_5355_3
でも なかなか 搭乗できないので
あれ~っと思っていると

Waiting って「待ち」のチケットだったのね~!!
しかも 座席は4つ Wは5人
ヨーロッパ的には 男女カップルは優先らしく離せないらしい・・。
ってこっとは 私ですか?残るのは?

え~カンベンしてください・・。
もう一晩 アムステルダムってもう観光にでも行くしかないかも・・・。
フランスの方っぽい 発音のKLMスタッフに
「誰か英語の解る人いないのお?」なんていわれちゃうし・・
聞こえてるけど 話せません すいません。

もうだめかも~とおもった時に なぜか搭乗OKに!

きっといらっしゃったと思います。
昨日の私達のような方・・・。申し訳ありません。
でも 感謝感謝です。

機内で頂いた ただのデニッシュパンが とても美味だったことは
ここで述べる必要も ありません。
ボローニャ行きの 雲をみながら 心に誓った私です。

「こんど同じ地に向かうチャンスがあるのなら
必ず直行便にするだろう・・。」と
イタリア国内に入っていれば 列車もあった。
オランダからでは まず出入国の大仕事が クリアでけへんやん~

ああ 何事も経験でしか学べない おまぬけな私でありました。

でも やっぱり運は よかったです。
初日ボローニャフェア会場に 向かえましたもの・・・。

| | コメント (0)

アムステルダムに野宿〜!

Img_5322

アムステルダムに野宿〜!

やりました。
やっちゃいました。
ボローニャ行きのトランジットに失敗して
アムステルダムのフローレンス空港に野宿です〜***

いかにもJapaneseな失敗?ってわたしだけかも〜?

つまり BOARDING TIME    搭乗時間 と
     DEPARTURE TIME   出発時間の
    本当の違いが解っていなかったってことです。

あと  PASSPORT CONTROLから  
    自分のGATEまでの時間も
    ちゃんと表示されているのに
    きちんと読んでいませんでした。
    ああ〜!反省〜!無事にボローニャへ行き着くのだろうか?
    
    でも イラストレーターのたかいさんご夫妻と
    ご一緒できたことは本当にラッキーでした
    一人だったら、寂しすぎ〜!
    (感謝2です〜)
 
    そしてここで頂いたフレッシュORANGE  Juiceの
    なんだか美味しかったこと***

    氷を入れない たっぷりとした
    ほんとうの ORANGE ジュースの味は
    まさに 忘れられないものと なりました。

    ではボローニャフェア レポートは 後ほど・・・。

| | コメント (1)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »