« 2012年6月 | トップページ | 2012年9月 »

立版古を作ろう

立版古を作ろう
立版古を作ろう
近くの 小学校の育成会で 夏休み特別クラスを
開かせていただきました。
人数が60人以上とのお話から
グループ分けをして
平面から 立体を楽しめる 立版古を制作することに
なりました。
生徒さんたちに わくわくしてもらえればいいかなあ
と思い 見本のよううなものと
ワッペンをこしらえてみました。
ちょっと妙かしら(* ̄∇ ̄*)
すみませんです。

| | コメント (0)

サイダーの瓶

 サイダーの瓶
創業明治35年のスワンサイダーの瓶は

ほんのり青水色でアンティークな輝きと
鳩かなあ~と思ってしまう
プッくりとした白鳥さんのラベルが 魅力的

確か 出会いは 有馬温泉でしたが
シュワ…っと中身をいただいてしまっても

こうして ずうっと夏を涼しくしてくれる
きゅっとした 美人さん
ありがとう ***

| | コメント (0)

モノレール。

モノレール。
モノレール。
父に会うためにモノレールの 一番前に 乗りました

意外に電車 特に 盲腸線でしょうか
阪急夙川から 甲陽園へ
塚口から伊丹へ
どちらも 乗れる時は 嬉しくて先頭で
運転手さんが 来られるまで わくわくと待っています

その気持ちで モノレールに乗ったら
違いました~!

空飛ぶ自動車だったんです
もしくは ガッチリとしたジェットコースター?

踏み切りが無いことに今さら 気が付いて
納得してしまいました。

楽しい~♪です
また乗りにきます

| | コメント (0)

長い間

長い間
長い間
2月から 生活が大きく変わって
また 携帯を交換したことで
メールが打ちにくくなっていました。

でも
それは変換するときに少し辛くても
通りすぎれば 何てことないなって
きっと思えるはずのことなのに
どこかで 正直に 自分と折り合いを
つける元気が 足りなかった気がします

どんなに大変にみえても
裏側から眺めたり
行き道を変えたりすることが出来ればいいな

千里の父のリハビリの病院は
ホテルのようなリゾートを目指していて

建っている場所も大きな公園の直ぐ横

駅からはずいぶんと遠いけれど
裏の竹藪は昼間でも かぐや姫にお会いできそうな
山道を通って行くことが出来ます

帰り道では 高校生のブラスバンド練習に
遭遇することもあったり

どんな時も 少しほっとしたり
暖かくなったり
優しい気持ちが

大事にできることを
忘れずにいたい

もし
それができなくても
また 思い出せる

そんなふうに毎日を重ねたいです
長い間休んでごめんなさい

また 書いたり 撮ったりいっぱいします

| | コメント (1)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年9月 »